バスツアーのマナー

ツアーに参加して、夜行バスで目的地へと移動する人も見受けられます。
そういったシーンでは、バスに長時間乗ることになるので、それなりのマナーを守ることが大切になります。

皆さんの中で、初めてバスツアーに参加したり、参加し慣れていなかったりする方は、あらかじめ守りたいマナーを確認してみて下さい。
バスツアーのマナーには、飲食や携帯電話、音楽プレイヤー、ゲーム機、リクライニング、荷物、タバコなどに関するものがあります。
このサイトでは、夜行バスに乗るに際して、覚えておきたいマナーについて述べます。

長時間のバス移動では、飲食物や酒類を持って行って良いのかなどの問題が気になります。
夜行バスの車内では、飲食することはできるのが基本ですが、物によっては、気をつける必要があります。

バスの中は、閉め切るとニオイが充満するので、他の人に不快感を与えないために、ニオイの強い飲食物は持って行かない方が賢明でしょう。
また、アルコールもニオイが強いほか、高速移動中の車内では、平地よりも酔いやすい状態となります。
そして、飲酒している客は、乗車させないというバス会社も存在します。
それらの事情を踏まえ、夜行バスに乗る際は、お酒を飲まないでおくのがおすすめです。

また、リクライニングシートを倒せば、車内で快適に過ごすことができます。
ただし、座席をいきなり倒すと、後ろの人に不快感を与える可能性があるので、気をつける必要があります。

Copyright © 2014 覚えておきたい!バスツアーのマナー All Rights Reserved.